過払い金請求の仕組みと広告

数年前からテレビや新聞で、過払い金という言葉をよく見聞きするようになりました。
以前、消費者金融会社やカードローン会社が、法定金利を上回るいわゆるグレーゾーンに金利を設定していたことが社会問題になり、マスコミの報道の対象になったのです。

その結果、これまでにそれとは知らずに払い過ぎた利息を取り戻そうと行動する人が続出しました。
消費者本人が自分で直接、過払い金の返還請求をしても問題はありません。

しかし、多くの人はこのような法的な問題に関しては素人であり、行動に移すのに不安を感じておられるようです。
それで、そのような人たちを助けるために、弁護士事務所や法律事務所が、過払い金返還請求はお任せください、という広告を相次いで出すようになりました。

問題が表面化した頃と比べると、そうした広告は落ち着きを見せてきてはいますが、今でも見かけることは少なくありません。
このことは、まだまだ需要があるということ、つまり、過払い金の返還を行いたくてもなかなか行えない人たちが少なくないということを示しています。

それで、もしあなたがこの問題を抱えておられるなら、勇気を出して返還請求について相談することをお勧めします。
法律の専門家に任せるなら必ずうまくいきますよ。

このまま放っておいて後悔するよりも、ぜひ、相談して払い過ぎた利息を取り戻しましょう。

参考:過払い金請求の仕組みと手引き書